ロゴデザインと商標登録

商標は先に出願をした者が優先して商標登録することができ、企業ロゴ、商品ロゴ、サービスロゴ、ウェブサイトロゴなどに類似する図形商標を、他者に商標登録されてしまった場合には、商標として使用することができません。
商標権者の許諾なくして使用してしまうと、使用の差止や、損害賠償請求をされるおそれがあります。
したがって、ロゴデザインに際しては、会社名のロゴであれば図形商標・文字商標・ドメイン名をすべて調査して登録を検討することが重要になりますし、新商品を発売するとき、ウェブサイトを開設するときにも、商標・ドメイン名を調査して登録を検討することが重要になります。
商標調査には専門的判断を必要としますので、ロゴデザイン案の作成と、商標調査とは連携して行う必要があります。


ロゴデザインチェックリスト

□ロゴを一目で見てわかりやすいビジュアルになっているでしょうか
□ロゴのデザイン・イメージが覚えやすいものになっているでしょうか
□ブランドのイメージを視覚的に体現したロゴマークになっていますか
□ブランドのイメージを色彩的に体現したロゴマークになっていますか
□顧客(ターゲット)の感性に受け入れられやすいデザインを採用しましょう
□ブランドイメージにそぐわないデザイン・色彩になってはいませんか
□他のロゴと区別しやすいデザインになってるでしょうか
□競合ブランドのシンボルカラーとの差別化ができていますか
□商品・サービスの内容が連想できるデザインになっていますか
□パッケージ・ツール・メディアに付した際に識別しやすいデザインを採用しましょう
□シリーズ(複数ブランドのラインナップ、サブブランド等)で展開する場合には、ロゴマークどうしの調和がとれるデザインになっていますか
□商標登録されていない=使用可能なロゴであることを調査により確認しましたか
□商標登録をすることが可能なロゴであることを調査により確認しましたか□商標登録をするかどうかの検討、相談等はしましたか
□外国語での意味合いが、悪い印象を与えるものではないことを、確認しましたか
□他者の著名なマーク、名称、略称等を連想させないロゴになっていますか
□商標調査にあたっては、図形デザインの調査と、図形に含まれる文字の調査とを適切に行っているか

ロゴデザインの手順

ロゴデザイン開発の手順
商品特性・マーケティングコンセプトに基づくアイディア抽出
ブランドが顧客に対し提供する約束(ブランドプロミス)に基づき、ブランドの理念、商品・サービス内容、市場分析・競合分析などに基づき、デザインコンセプト、デザインアイディアを多数、抽出します。

ロゴデザイン手法の検討
ロゴマークの構成による分類、文字の図案化、文字+図形、図形、キャラクターなど、ロゴデザインの構成を検討します。
文字のタイプフェイスのデザイン、文字の図案化、企業名称・理念・由来等のシンボル化、商品特性・サービス内容・イメージ等のシンボル化、消費者気分・商品やサービス利用心理のシンボル化、商品自体のシンボル化・キャラクター化などの手法を検討します。

ロゴデザイン案作成
ロゴデザイン手法、デザインコンセプトごとに、抽出されたアイディアに基づくロゴデザイン案を多数、ラフデザイン(ラフスケッチ)にて作成します。ロゴデザインのバリエーションも多数考案します。

ロゴデザイン案の絞込み
ロゴデザイン手法、デザインコンセプトごとに、ロゴデザイン案を数案前後に絞り込みます。

商標調査
ロゴマーク案が商標権を侵害しないか、商標登録できるかどうか、また必要に応じネーミングのドメイン名登録できるかどうか、類似ロゴマークがないかどうか、海外商標調査や、外国で不適切な意味合いを連想させないか等の調査をします。

ロゴデザイン案の提案
商標調査を経たロゴデザイン案を、ロゴデザイン作成依頼者に対し提案します。

ロゴデザイン決定
最終的なロゴデザインを決定します。
必要に応じ、カラー印刷用、モノクロ印刷用、ウェブサイト用、その他使用目的などにあわせたバリエーションデザインを制作します。


お問い合わせ
事務所通信
blog


ページランク表示

Google PageRank

TOPlist

count Since 2011.11.11

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて